読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kai8787の日記

編み物と散歩と読書とうさぎさん ̄(=∵=) ̄

夜に 降ってきた散文


私は君の言葉を捉えようとするのだけれど、君は背中を丸めて黙り込んでいる。どこに行ってしまったのか、君の言葉は。ひっそりと奥底にしまい込まれてしまったのだろうか。

 

蝶の死骸に私はおののくーー君の言葉が永遠に失われてしまったのかと。けれど一方で安堵しているのだ。そう私はいつしか、君の言葉を恐れるようになった。何を考えているのかわからぬ恐怖。ひと言でも発せられたら、射ぬかれるのではないか。そんな思いを抱くようになった。

 

死んだ蝶は君への愛だったのかもしれない。

 こぼれていく私の一片の欲情が色褪せる。



f:id:kai8787:20170128220849j:image