読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kai8787の日記

編み物と散歩と読書とうさぎさん ̄(=∵=) ̄

悩みを打ち明けるということ

つぶやき ぼっち 気づき

「そんなのたいしたことないじゃん」と言われたとき、「そっかぁ、考えすぎかぁ」って思えるときと、「あなたにはそうかもしれないけれど、私にとっては重要なことなんだ」って悲しくなるときがある。価値観の相違といえばそれまでなのだが。

それから、よく言われてることは「人はこう答えてくれると思う人に相談する」ということ。これって否定的な意味合いで言われたりするけど、私は凄いことだと思う。そういう相手をかぎ分ける能力があるってことだと思うから。

悩みが深くて相談できないこともある。親しい人には逆に打ち明けられないこともある。相談しなくても乗り越えられる人もいる。

相談って何だろう。人は何故人に相談したくなるのか。

一つには自分のごちゃごちゃを整理するため。人に話して一つひとつ解きほぐしていくと、だんだん自分がいったい何に悩んでいて何を失いたくないのか、何を脇に置いておけばいいのかが明らかになっていく。その過程がとても重要だと思うのだ。

もう一つには、悩みを自分の言葉で表現できるようになること。とても深刻に落ち込んでいるとき、人は言葉を失いがちだ。「どうせ、わかってもらえない」とか「言ったら軽蔑される」とかいう気持ちがどこかでストップをかけて、自分に向かってさえ言葉が出てこない時がある。ある種のショック状態のこともあるだろう。

そういうときは、ともかく、安心できる場所で、ゆっくりと落ち着いて、ただ話を聞いてくれる人がいるとありがたい。何か具体的なアドバイスが欲しい段階ではないのだ。

 ̄(=∵=) ̄《私なら、いつでも相談にのってあげられるよー。人には人それぞれの許容量があるからさ。その人にとってどのくらい重くてきついのか、他人が判断できることじゃないよね》


f:id:kai8787:20170217095620j:plain



ブログランキング・にほんブログ村へ