kai8787の日記

編み物と散歩と読書とうさぎさん ̄(=∵=) ̄

【ダイエット】ブルブル振動でGo!

実は1年前、思いあまって、買ってしまったブルブル振動マシン。何しろ寝込むと一気に筋力&体力が無くなるので、上に立ってるだけで体幹が鍛えられるというブルブル振動マシンが欲しくて、ついにAmazonで購入した。

1年前の話を何故今頃?と思うかもしれないが、恥ずかしかったんだよー。何かズルしてるみたいで。でも、やっぱり隠しておくのはいけないなと思い直し告白することにした。

 

立ってるだけ……なんて魅力的な響き。

 

比較的安かったし(欲しくてちびちび貯めた)、横振動と縦振動が組み合わせられるので、これを選んだ。強度は16段階ある。最高強度では結構ブルブル来る。

10分くらい乗ると血行が非常に良くなって、こりゃ効いてるとは思ってたものの、喜んで乗っていたのは、最初の1ヶ月くらいで、ほっておいた。こらこら。

 

しかーし、最近の私はダイエットに燃えているので、何と乗るだけではなく、上でやせ筋トレのワイドスクワットをやったりしている。実は、この上でやった方が楽な気がするんだけど、気のせいかなぁ。ただ立ってるのも実は暇で、テレビか何かで上で運動してるのを見て「これだぁー」と思った次第である。

 

今日は、肉野菜炒め、ゴボウと人参のきんぴら、プチトマトと芽キャベツ胡麻和え、大根の漬物、オニオンスープという夕飯で、無事1400キロカロリー内をキープ。

 

今朝の体重測定では、昨日より300gくらい増えちゃったけど、あわてずに1週間の平均で見るようにしようっと。

 

 

【ダイエット】体重減、体脂肪率は?

汁物作戦が上手くいって、順調に体重が落ち始めた。2キロ減。やせ筋トレを始めてから2週間目でやっとである。何事も継続が大事ということだなぁ。良かった、良かった。不思議なことに、やせ筋トレを2日に1回やるよりも、3日に1回にした方が体重が落ちたのだ。筋肉がついたせいか?3日に1回の方が私の体には合っているのか。筋肉がつくには休みも大事ということで、きっと3日に1回で十分なのだろう。

 

そして、ダイエットのモチベーションをあげるべく、新たにアプリをダウンロードした。有名なのかもしれないけど、「あすけん」というアプリだ。これは体重や体脂肪率の記録→グラフ化やカロリー計算、運動の記録がとれて、栄養士さんがアドバイスしてくれるので、とても便利。食べたものを記録しなくちゃいけないから、私の悪い癖≪ちょこちょこ食べ≫が実は肥満の元だったことがわかった。

 

それに Google fit と連携すると、歩いた分を自動的に記録してくれる。楽チンである。ちょっと食べたくなっても、「あすけん」に記録することを思うと「止めとこ~」ってなる。

 

もう一つ、運動の中に家事(立位、軽い作業)というのがあるので、台所仕事が苦手な私には、そちらもモチベーションになって、最近料理が好きになったりしている。一昨日は、「クラシル」見ながら、≪ブリの照り焼き≫なども作って、とても美味しくいただいた。アプリよ、ありがとう。

 

ところで、体重は減ったけど、体脂肪率は全然落ちない!何故なんだろう?筋トレの効果はももが固くなって筋肉ついてるから、あるにはあるんだけどなぁ。やせ筋トレ、意外に筋肉つくのでビックリ。でも、考えてみると、体脂肪率減らなくても、体重が減ったのだから、その分の脂肪は取れているわけなのだ。そーだ、そーだ。

 

このまま、しばらく続けてみよう。ちゃんと野菜たっぷりの汁物を食べ、3日に1回やせ筋トレしよう!

 

 

 

 

外に出たくない理由(わけ)

私の場合、気分が沈んでいると身体がだるだる重々になって動けなくなり、リラックスして心がゆるゆるしてると身体が軽くなる。これが物凄くばっちり出るので、ある意味わかりやすい。

 

例えば、今、一番困っているのが【ご近所恐怖症】で、苦手な方が2人ほどいて、何故か共用の廊下とか駐輪場あたりにしょっちゅうおられるので、外出するのが無茶苦茶億劫なこと。

「そんなん適当に挨拶して通り過ぎればええやん」と友だちや私の頭の冷静な部分は言うんだけれども、わかっちゃいるけど嫌なんだもーん。会いたくないんだもーん。

 

なので、今、駐輪場とは反対の裏から身体ガタピシで出てる。もうドキドキしながら。それで気力を使い果たし、ゆっくり歩いてもはぁはぁしてしまう。

駐輪場に行けないので、自転車使えなくて、とてつもなく不便だ。

 

何とかしたいよ~😢

 

誰かが一緒だと駐輪場に行けるので、Help me!

とつぶやいてたら、助けてくれる人が現れ、一週間にいっぺんは自転車が使えるようになった。ぱちぱちぱち。

 

しかしまあ、なんだってこんなにも感情がもつれちゃうんだろうね。多分苦手になるきっかけは10段階で2から5くらいのパンチをもらった感じで、ダメージはさほどでもなかったはず。

それなのに、今や100%拒否してる。

そんなに人を嫌いになるなんて、何て心の狭い人間なんだろう。

きっと余裕がないんだよな。いっぱいいっぱいで、自分を固い殻の中に置きたいんだ。

 

だから、安全な部屋にいると身体が軽くなって簡単な筋トレまでできてしまう。

 

すごいですね。気分でここまで変わるなんて。

もう少し太陽が強くなったら、私も勇気を出せるのかな?

心の固さがとれるのかな?

詮索好きなおばさんとか、人の悪口を大声で言って同意を求めてくるおばさんとかを、「しょうがないなぁ」って感じで受け止めて大人の顔で接することぐらいはできるようになるかな?

 

む、無理かも。

 

仕方ないや。大好きなプリンが心をじわーっと暖めてくれるみたいに、少しずつ優しくなろう。私だって、人の気持ちを傷つけてきたのだから。ちょっとくらい嫌な気持ちになっても、全人格を否定するような行為は慎もう。ねっねっ。

 

でも、もう少し時間をください。臆病者でごめんなさい。

 

 

体重減る?体脂肪減る?いつまで続く?

1年間で5㎏太った。お腹がすいてキューってなって、ちょこまか食べていた結果である。薬の影響もあると思われるが、動かないのに食べるのだから、そりゃあ身につくものは身につく。

 

で、また性懲りもなくダイエット大作戦ということになった。ちょうど難病の家族も筋肉の衰えを防ぐために筋トレを始めたところで、私も遅ればせながら、何かしようと思い、この本を買ってみた。

 

 

はじめてのやせ筋トレ

はじめてのやせ筋トレ

 

 

できそうなのを4つくらい1日か2日おきに軽めにやってみる。何かそんなに苦しくない。で、びっくり!

何と、体重が増えた……な、なんてこった。

 

筋トレすると、筋肉の方が脂肪より重いので体重は増加することもあるみたい。でも、体脂肪だって落ちてないし。運動して食べ過ぎた可能性大。くぅーーー。やっぱり食生活を見直さなくちゃダメってことですよ。

 

あの「ひもじいよー」対策に何かしら考えねばならぬ、と検索しまくっていたら、空腹を感じたときは【お出汁】を飲むといいというのを見つけた。お出汁とな?いいのだろうか?で、そこにお出汁の元になる粉末の作り方が書いてあったけれど、そこは割愛してこちらを購入してみた。

 

これにした理由は、元のレシピに緑茶が入っていたから。で、お出汁を飲んでみたら、とっても美味しい。これはいけるかも!と思い試してみたら、確かに空腹感はなくなるし、満足感もある。面倒なので、パックごと煮だすのではなく、パックの端を破いて、その都度粉末を少しカップに入れ、お湯を注いで飲んでいる。

 

これで気を良くして、私はふと気がついた。もしかすると、毎食スープとかお味噌汁とか飲めば、間食タイムの空腹感が少しはおさまるんじゃなかろうか?

 

お野菜多めの汁物を試してみると、何だかいい感じになってきた。あっ、そうそう。やせ筋トレも細々続けている(家族のてまえ、やらないと申し訳なくて)。そしたら、何と、昨日からスルスルと体重が落ち始めた。やせ筋トレ始めてからは2週間くらい。お出汁&汁物作戦開始からは3日くらい。

 

汁物とかで野菜を摂っていると、きっと血糖値の上がり下がりが穏やかなんだろうな。キューや「ひもじいよー」が無くなってきた。

 

このまま何とか5㎏の脂肪が落ちますように。リバウンドだけはしませんように。びくびく。

 

寝込んだあとの鬱から逃げる方法🏃

10年以上はなっていなかったと記憶している、インフルエンザになってしまい、一週間寝込んでいました。

 

発熱して、ふしぶしが痛くて、ぜこぜこして胸苦しく、風邪薬を飲んで寝てたのですが、3日経っても熱が引かないので、あきらめて病院へ行き、インフルエンザと判明。

 

なんてこったい!

 

人混みを避けていたのに、ちょっと頑張って出かけたせいで、こんなに簡単に感染して帰ってくるとは!なんて脆弱な、てゆーか私の免疫力低すぎじゃないかい?

 

どーんと落ち込んで、ともかく薬飲んで熱下げて感染予防のために家にこもっておりました。ってことは、私の場合、鬱になるよね~ってことで、だるくて仕方がない状況です。

 

うつ→免疫力低下→風邪引き→寝込む→うつ

という負のスパイラルに陥っているのです。

 

まずい!

 

ともかく寝てばかりいないで、できるだけ座るようにする。それができるようになったら、着替えてみる。外に無理に出ない。軽く着替えられるようになったら、初めて外出してみる。久しぶりのお外はまぶしい。いきなり脳が刺激を受ける。

とりあえず近くのコンビニ程度で帰ってくる。きっと、それだけでもヘトヘトだるだるになってしまう。ちょっと休む。

ここで大切なのは、どこで次の段階に進むかというところで、ソフトランディングしてかないと、何歩も戻らないといけなくなる。

 

簡単に言うと、めっちゃ楽にできるようになるまで待つのが大事なんです。ちょいちょいパンチ出してみて様子を見るのはOKなんだけど、そのパンチはゆる~くしとくこと。徐々に力を入れるんだけど、全力は出さない❗️

 

身体はゆったりココロもゆるゆる。それでも口笛吹きながら着替えられたなら、次は外に出てみよう!

 

そんな感じで街に出られるようになるのは、来年の春かもしれません。「そんなに先?」と思うかもしれませんが、焦りは禁物です。

何てったって相手は怪物なので、ドウドウとうまくなだめてあげなきゃいけません。

 

なんて、えらそうに書いてますが、私は早速失敗して、また寝込んでしまいました。うひゃあ。

また、座るところから始めます。今度は欲を出さずにスローペースを心がけます。

明日は寝ると座るが半々くらいかなぁ。

 

さてさて年越し蕎麦とお雑煮は食べられるでしょうか?

 

 

 #インフルエンザ #鬱 #うつ #寝込む

 

つながること、孤独、腑抜けのいいとこ

ひとりでお気に入りの音楽やラジオを聴きながら編み物するのが好きで、家に閉じこもりがちな秋。

ひとりで居るのが気楽だと思うことと、人に会いたいと思って行動する比率は、98対2くらいじゃないかな。

なんだか年々引きこもってるのに慣れていってる気がするけど、これってまずい?あるいはやばい?

 

エネルギーが枯渇してるのかなぁ。

何に関しても億劫で仕方がない。極端に疲れやすいものだから、家から外に出るのがひと仕事で、ネットで見かけたイベントで興味をそそられるものがあっても、大抵「まっいいか。家に居よう」となる。

 

いつしか「疲れた」「だるい」「めんどくさい」が口癖になってしまった。やっぱりやばい?

 

でも、こういうときに頑張ったりすると落ちるから、だらけてもいいことにしよう。

腑抜けでいいのだ。

そういえば、アグレッシブに生きるのは、諦めたのだし、それのが私らしくいられるよ。

上昇思考とか競争社会から降りることが、私には必要だったのだ。

 

そうは言っても少数派の価値観で生きてるので、ときどき同じような生き方してる人に会いたくなる。

 

自分は自分でいていいって思えるのは、つながりがあってのことなのかもしれない。リアルで具体的な人間関係だけでなく、本とかブログとか映画とかのなかに「いたいた」って思うことだっていいんだよなぁ。

 

力を大幅に抜いて生きてる人って魅力的なんだよね。今の私には。案外難しいものなんですよー、腑抜け状態になるのは。

ぼーっとするのって大切で、その究極が腑抜けなので、もう私には悟りを開いてる人って感じなんです。

 

ピッカピカの10円玉を30円で売ってるおっちゃんが、大阪の新世界にいるって聞いて、私はその世界観にやられちまったよ。

 

ピッカピカのきれいな10円玉って、子供の頃に見つけたらめっちゃワクワクしたもんね。「きっと欲しいやつおんで」とおっちゃんはワクワクして売りに出したんだよ、道端で。

 

なんかさ、つげ義春さんの「無能の人」を思い出しちゃったなぁ。

 

無能の人・日の戯れ (新潮文庫)

無能の人・日の戯れ (新潮文庫)

 
無能の人 [DVD]

無能の人 [DVD]

 

 

もちっと気楽にー不安が止まらないとき

どうしてかな。余裕が失くなってしまって、一年近くブログを書けなかった。ともかく一日をやり過ごすのにやっとだった。歩くのもしんどくて、何とか出かけてもヘトヘトになって、帰ってから横にならずにはいられなかった。どうしても出かけなければいけないとき以外、家で休んでいる。

 

親が難病になってしまい、進行性の病気なので近い将来介護が必要になることが判明した。新幹線を使えば2時間半で帰れるけれど、気力・体力のない私は1ヶ月に1度帰るのが限度だ。もっと親の具合が悪くなったら、その時には公的支援に頼らざるを得ない。

 

もともと私には将来を先まで考えすぎて落ち込むという得意技があるので、もうバッチリ落ち込んでいる。ただ、この頃、どうしようもなく落ちていく途中で止まることを覚えた。「あっ!また、ぐるぐる思考に陥ってる」って気づけるようになって、そしたら「今は今できることだけ考えよう」と思うこと。そうすると、無闇にエネルギーを消耗しなくて済む。こういうことが当たり前にできている人が多いのかもしれないけど、私にはできてない時期が長くて苦しかった。

 

気づけるようになったのは、友だちの影響だ。その人は、まさしく「今、ここ」の人で、動物的感がある。いつも的を得た意見を言ってくれる大切な友人だ。言いにくいこともズバッと言ってくれるので、「が~ん」となることもあるけど、言われてみればその通りだし、鋭い着眼点であることが多いので、「が~ん」のついでに「なるほど」と納得するのだ。

 

「明日になったらまた状況が変わってるかもしれないし、何年も先のこと考えて悩んでも仕方ないんじゃない」

「その時になってからじゃないと打てない手だってある」

 

長年、後生大事に抱えてきた妄念「今のうちにやっておくべきことを、将来不安要素から逆算して考える」を見事に粉砕してくれた。

 

まだまだ「何とかならぁ~な」とまで達観はできない私だけれど、少しだけ楽になった気がする。とりあえず、ぐるぐる思考になったり抜け出したりはあるけども、今日も何とか無事に終わった。その事に今は感謝しよう。

 

 


f:id:kai8787:20190923231203j:image